活用イメージ

取締役会

経営チームの信頼関係を強化

 

役員の絆がイザというときに企業の生き残りを左右する為、某大手IT企業でも役員は家族ぐるみの付き合いを推奨するなど、様々な努力を重ねています。

 

当社では、経営チームがお互いの無意識(判断基準やその背景にあるもの)を共有することで、1人1人の役員が、なぜその判断を取る傾向があるのか?を理解し合い、判断基準を融合させる対話の文化を創るサービスを提供しています。

営業部

本音会議が成果を変える

 

人体は脳の指令と五感覚のフィードバックによって成り立っていますが、熱いものを触っても「アチッ」と脳に伝わらなければ火傷をしてしまいます。

 

同じく組織体である企業も、現場から正しいフィードバックを得られなければ火傷が悪化し、組織を壊す要因に発展してしまいます。営業の現場が「本音」で会議し、それが上にも伝わる文化をAwakening Programを用いて実現します。

メンタルヘルス対策

人間関係が楽になる仕組み

 

人間の考え・感情はどこから生まれてくるのでしょうか?その無意識の構造を理解することで、人間関係に対する認識が変わり、大半のストレスを減らすことができるようになります。

 

また、コミュニケーションの問題をメカニズムで明確に整理することで、当事者の考え・感情を整理整頓することができ、Insight Sessionを用いれば、自ら心を経営できるようになります。

M&A後の事業統合

異文化を融合させる手法

 

M&A後に事業を統合しようとしたとき、異なる社風・文化・考え方の壁に拒まれ、思い通りにプロジェクトが進まない場合にもAwakening Programが役に立ちます。

 

価値観とは、価値を判断するモノサシ(価値基準・判断基準)に根付いており、この判断基準を見える化し、マネジメントすることで、異なる文化や風土を持った組織とも円滑な意思の疎通を図ることが可能になります。